梅雨時期のくせ対策ってどうしてますか?

こんにちは、金森です!

 

いよいよ癖っ毛の方が一番憂鬱になる季節に入りました。

そう、ジメジメ ベタベタ不快指数満載の梅雨です!

皆さんはそんな梅雨時期のヘアケアはどのような対策をとっていますか?

  • 縮毛矯正をかける
  • ストレートアイロンで癖を伸ばす
  • ゴムで結ってまとめる
  • スタイリング剤で癖を抑える
  • 癖を活かしたスタイリングをする

 

もちろんこの中に正解があるわけでも不正解があるわけでもないですが

 

人それぞれの生活の仕様やリズムに合わせて対策していければ良いかとも思います。

 

オススメはチューニング!

 

でも、色々言っておきながらも

僕はやはりチューニングに魅力を感じます。

 

 

チューニングとは

簡単に説明すると、彭潤させた状態の髪にアイロンを入れて髪表面のキューティクルを整えることで、癖を弱めて抑えたりボリュームダウンすることのできるオリジナルメニュー。キューティクルを整えるので、必然的に髪が艶々になり手触りも格段に良くなります。

 

 

魅力な理由はやっぱり

  • ダメージの少なさ
  • 縮毛矯正のようなきしみがない
  • 柔らかさ、手触り
  • チューニング後の発色の良さ
  • チューニング後も通常パーマをかけられる
  • スタイルチェンジでバッサリ切っても馴染みやすい

 

縮毛矯正と比べるとストレート具合は弱く感じると思いますが、それに負けない魅力は十分にあります。

 

特に、重ねてチューニングを繰り返すことで癖もより収まっていきます!

髪と薬剤の相性によってはめちゃめちゃ癖が伸びます

 

そして、そのまま整えながら伸ばしていったところ

 

前回チューニングから4ヶ月後

 

自然な癖が出つつも、まだ効果は残っている模様(個人差あります)

 

髪質と相性の良い方だと、見た目矯正をかけたみたいに癖が伸びます。

 

ただ、そこまで伸びるのは極々々少数の方なので期待のし過ぎはいけません

 

それでも約3ヶ月間はボリュームダウンしてひとまわり頭が小さくなるので、梅雨時期だけでも湿気を避けたい方には十分にオススメできます。

 

かけても髪に負担が出ることはほとんどないので、気になる方は試しにやりに来てください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA