ブルーベリー摘みに行ってきた

こんにちは、金森です。

まだまだコロナ感染者が続々と出ているご時世ではありますが

先日の休みに、夏の思い出を作ろう!

と思い、立ち上がりました(嫁が)

 

以前にお客様からブルーベリー摘みを勧めて頂いたことがあり、なかなか遠出や人混みの多い場所にも抵抗があったので、この機会に丁度良いかなと調べてみました(嫁が)

 

不思議なことに僕の住んでる区の隣、練馬区にはブルーベリー農園が沢山あります。

 

自転車で行けて、人混みも避けられ、子供も連れていける!

 

コロナを避けて遊べる場所としては申し分ない環境じゃないか!

 

 

 

 

今回お邪魔したのは練馬区大泉にある農園。

なにやら大泉周辺にブルーベリー農園が沢山あります。

土壌?気候が適してるんでしょうかね?

今回のブルーベリー農園は5種類の品種があり、甘味や酸味、大きさ形、色も違うので比べる楽しみもありました!

 

 

 

こちらの農園さん、予約も必要なく、入園料・制限時間もなく、摘んだ分のブルーベリーの量り売りなのでとても安い!

ちなみに、敷地内で育った(?)新鮮な野菜なども安く売っていて、なんだか得した気分でした。

時期が遅かったため、摘めるブルーベリーは少なめでしたが、子供のおやつに使うには十分な量でした。 

 

 

期間は6月下旬〜9月

https://www.city.nerima.tokyo.jp/kankomoyoshi/nogyo/hureai/casualfarm/blueberry.html

小さなお子さんには適度な刺激になってお勧めです。

 

ただ、晴天の下コロナでマスクしていたことと、虫刺され防止で肌を隠す服装だった為に灼熱のような暑さでした

 

服装はともかく、この時期のマスクはもう勘弁して欲しいですね…

 

来年はマスクなしでブルーベリー摘みできますように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA