パーマスタイルにスタイリング剤を付けてみた!

パーマは生かすも殺すもあなた次第。

お客様のホームケアが一番影響するのがパーマスタイル。

どんだけ美容室で可愛く、綺麗に、お洒落に、格好良くなったとしても自宅で再現できなければ何の意味もなく。

 

そう、やるしかないんです!

 

苦手な方でも繰り返しやっていくことで再現性は上がります。

 

もしパーマかけたのにスタイリング剤を付けていない方は付ける習慣をつけましょう!

 

パーマはスタイリング剤が命です!

 

こちらはスタイリング剤をつける前のスタイル。

多少動きは出ていますが、毛先がパサっとしていますね。

 

今回はこの髪にムースとバームを付けていきます。

まずはムースで潤いを与えてウェーブを出していきます。

一度に手に取るのはこのくらいが目安です。付けてみて足りない時は追加しましょう。

ムースは水分を多く含んているのでパーマを活かすにはもってこいのスタイリング剤です。

毛先中間にムースを揉み込み潤いのあるカールが出てきたらok!

 

これだけでも駄目ではないのですが、これだけだと蒸発して時間とともに乾燥してパサパサになってきます。

 

そこで、バームを重ね付け。

大体このくらい

バームは油分なので、潤った髪の表面をコーティングすることでしっとりぷるんとしたパーマが一日維持できます。

ただ、付け過ぎるとベターっとして一日が苦痛になりますので、少量から始めましょう。

 

仕上がりはこんな感じ

乾燥したパサパサ感がなくなり、生き生きした髪になりました!

 

 

くせっ毛の方でも同じ要領でスタイリングすると良い感じになります。

 

もちろんスタイルやパーマのかけ方によって違いはあるので、自分の髪のスタイリング方法がわからない方はお気軽にご相談下さい(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA